脱毛したら、肌が赤くなった!

脱毛後の肌が赤くなるのは、刺激に対する当然の変化ですので、こすらず、すぐに冷やすようにすると赤みもひいてきます。肌のほてりや赤みは炎症のせいなので、もし汗をかいていたらきれいにしてて(こすって刺激を与えないように注意)、とにかく冷やしてちょうだい。冷やしても炎症が治まらないときは、その通りにせず、皮膚科を受診して、脱毛によるものだということを伝えてちょうだい。
ただれたり化膿するまで炎症を放っておいてはいけません。

光脱毛でうなじ周辺の脱毛を行う時には、施術回数が18回以上になることを覚悟して脱毛処理を受けることをお勧めします。うなじは産毛がほとんどなく、頭部に近い箇所ですから、光脱毛ですと、ナカナカ綺麗に脱毛できない場合が多いです。

 

ただ、人によっては、6回の施術で満足した方もいるので、体質によりまちまちです。完全にすべすべにしたい場合には、電気脱毛の方がいい場合もあるでしょう。

 

脱毛サロンの利用でわきがはましになるのかどうかですが、ワキの毛がきれいに消えたおかげで雑菌の繁殖が抑えられたり、清潔な状態を保っておけるので、それ程きついワキガでなければ臭いが相当軽減されることもあります。

 

しかしワキガ自体を脱毛で根治できる所以もなく、ワキガの症状が重い人にとってはよくなったと思えない場合もあります。1日目を脱毛エステと契約を行った日として、合計が8日以内に収まるのの場合には、クーリングオフ制度を利用することが出来ます。その一方で、契約期間が1ヶ月よりも短い期間であったり、料金が5万円を超えない場合にはクーリングオフが適用できなくなってしまいます。

 

規定の日数である8日を超えてしまうと、クーリングオフではなく中途解約に変わりますので早く手つづきを行うことが重要です。
お顔の脱毛をサロンで施術して貰うときは、肌の状況や脱毛方式などによって施術できる場所が微妙にちがうので、できる部位とできない部位とをきちんと施術が受けられるよう、先に確認しておきましょう。恋肌って千葉にも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です